MENU

ゆんころの体が女性版マッチョになっている!?

ゆんころのことが沢山載っているブログを拝見していると、かなり筋肉がマッチョになってきていることが分かります。そもそもゆんころが本格的に女性版のマッチョを目指しだしたのは2016年4月からだと言われています。

 

ゆんころが「サマー・スタイル・アワード」という夏が一番似合う男性と女性を決める大会に出た頃ですね。では、ゆんころはこの時からどうやってマッチョになってきたのでしょうか?

 

ゆんころが開始した事

ゆんころは、かなり決めた事にはストイックに突き進む性格があるようです。そのため、kの大会に出場しようと決めた時から、貸し切りのジムに通い始め、しっかりと5食を食べながら理想のマッチョを目指してきました。

 

その結果、筋トレを始める前は細くてとても華奢な体をしていたゆんころですが、徐々に筋トレの効果が出始めて今ではかなりのマッチョになっています。

ゆんころのマッチョはどんなマッチョ?

でも、マッチョと言うと、バキバキのボディービルダーのような体をイメージする人も沢山いると思いますが、ゆんころのマッチョはそういうバキバキのマッチョではありません。しかりと女性らしい部分はそのままキープした状態でのマッチョなのです。この所がゆんころのファンがゆんころの体型を真似したいと思う所なのですよね。

 

特に、ゆんころのお腹はマッチョによくある腹筋がかなり割れているということはありません。実際にゆんころ自体も腹筋を鍛えるために腹筋の筋トレは行っていないそうなのでうなずけますよね。

 

女性であまりにもお腹がバキバキに割れていると、女性らしさがなくなってしまいますよね。しかし、ゆんころはこのようなことにはならないようにしっかりと調整しているのです。

美容にも気を付ける

マッチョな体を作ろうとすると、どうしても美容がおろそかになってしまう人がいますが、ゆんころはモデルなだけあってマッチョ体型をキープしながら美容にも力を入れています。

 

例えば、筋トレの時には筋トレサプリである「クイーンズスリムHMB」というサプリメントを服用することによって、体の中の代謝をさらにアップして脂肪を燃焼させ、体の中の毒素を排出して綺麗な状態をキープするようにしているのです。

まとめ

ゆんころの体は確かにマッチョな部分もありますが、女性からみてもとても魅力的なマッチョになっていることが分かりました。

 

例えば、マッチョと言っても、お腹の部分はぱっくりと割れているわけではなく女性らしいクビレもしっかりありながら割れていないけれども引き締まったお腹をしています。このようにマッチョとは言ってもとても綺麗な女性らしい体をしていることが、ファンがとても多い理由に挙げられるのでしょう。

 

また、ゆんころはマッチョだけではなく美容にも気を使っています。その中で「クイーンズスリムHMB」という筋肉サプリを使って体の中の毒素を排出しているようです。美容にもしっかりと気を使っている所は、やはりファッションモデルですね!